映画「誰も知らない」の原作(?)の背景を調べてみた。


取り合えず、「誰も知らない」で検索。
「西巣鴨子供置き去り事件」というのが判ったのでまたで検索。

その中身は、とても「映画化」出来る物ではない凄惨な現場の数々。
無くなった子供をスーツケースに詰めて捨てにいく(このシーンは映画中にもありました)ほか、
「リーダー格」の子供の友達が小さな子供を「虐待」していたり、子供には全員「戸籍」が無かったり(すなわち、公式には存在しない事になる)、部屋の中も散乱していて、流し台には「かびた残飯」が残っていたり・・・と、「しっかり見守る人がいないことから起こる混沌と混乱」が実在したのをありありと物語っています。
「無責任な親」が生み出した「混沌」と「恐怖」。そのなかで「生きなければならない」子供達。
いやはや、言葉の一つも出ません。

○当時の新聞記事を追ったブログを見つけました。これで事件の概要がわかると思います。
  http://ifinder.jugem.cc/?eid=190
○このサイトに「事件の詳細」がかかれています。かなり詳しいです。
  http://www8.ocn.ne.jp/~moonston/family.htm(1/3くらいスクロールしたとこらへんに有ります。またタイトルが「巣鴨子供置き去り事件」となっていますのでご注意を。)
[PR]
by looking_day | 2006-05-27 22:18 | Comments(0)

「鬱々」が晴れない世界で生きている僕の「雑記帖」ブログです。(都合により不定期更新。書くときは毎日、複数回更新しますが、更新が渋るときもあります。ご容赦ください)


by looking_day
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30